登山におすすめインサレーションジャケット!冬に最適な化繊・ダウンを紹介

登山におすすめインサレーションジャケット!冬に最適な化繊・ダウンを紹介

中綿入りインサレーションは、山中での防寒・保温の中心的な存在。
停滞時や休憩時に羽織ると、体の熱で中綿を温め、空気を断熱層として冷気から体温を守ってくれる防寒着。

素材や重量などのスペックもウェア選びには必要だが、それ以上に重要なのがサイズ感。どんなウェアでも同じことだが、特にインサレーションはジャストサイズこそ機能を発揮します。

素材は、ダウンと化繊の中綿がメインだが、シート状の断熱(保温)材を内部に封入したインサレーションなどバリエーションが増えてきている。 ここでは、それぞれの特徴や選び方のポイントを解説しながら、おすすめのアイテムを紹介してきます。

あなたの山行スタイル、季節と山域に合ったモデルを選択していきましょう。

登山でインサレーションが役立つシーンとは

高山でも、低山でも、山の標高にかかわらず、寒い時期の登山に出かけるならば、必ず装備したいのがインサレーションといった保温性のあるウェアです。

インサレーションジャケット。特にダウンジャケットは、フリースと比べてもよっぽどコンパクトに収納でき、軽いウェアになります。
基本的に、低山では行動中に羽織ることはありませんが、リュックの中に忍ばせておけば、休憩中の防寒着や小屋の保温着もとても活躍します。
朝日や夕日、星空を眺めるころには外はかなり冷え込みます。山小屋ではなくテントに泊まるのであれば、それはなおさらです。快適さが大きく変わってきます。

また、登山の歩行時に使う機会があるとすれば、寒冷な場所で登山をスタートする場合です。まだ体が温まっていないので、そのような時には着ることもあります。

インサレーションジャケットの素材と特徴

インサレーションは、繊維の間に暖かい空気を取り込み維持する中綿の素材の種類で、大きく2つに分類できます。「ダウン」と「化繊綿」です。

化繊綿インサレーションの特徴

「化繊綿」は、水に濡れてもロフトを失わず保温力を保つ。湿気の多い雪山や梅雨時期の登山に有効とされる。だが、欠点も多く、化繊綿はダウンに比べかさばり、重く、保温力が劣ります。

ダウンインサレーションの特徴

ダウンは、軽量でコンパクトに収納でき、保温力に長けています。だが、水や湿気で濡れてしまうとカサが減って保温力を失うという弱点があります。もし、行動中にも着る可能性がある場合、濡れてしまったり、汗で湿ってしまうと、性能が低下するので、ダウンは避けておきましょう。

上記のように、中綿の素材によって特徴があります。それぞれの長所、短所を把握したうえで、自身の山行スタイルと山域、季節に合ったモデルを選択していきましょう。

ダウンと化繊綿の特徴について
ダウン化繊綿
軽さ×
濡れに強い×
耐久性×

インサレーションジャケットの選び方

インサレーション選びの際、その種類や形状以上に自分の体のサイズにしっかり合っているかどうか、大切なポイントです。
その理由は、インサレーションが体にフィットしなければ、本来の温かさを発揮しないからだ。体よりも大きいと、首、袖、裾といった開口部から大事な体温が外部へ流れ出し、ウェア内部の中綿がなかなか温まらない。反対に小さいものは、中綿が大きくつぶれてしまい、暖気をキープする量が少なくなり、暖かさが半減してしまう。

インサレーション選びは、ジャストサイズが大前提になる。
それから、フードの有無や中綿が封入している部分など、ウェアのデザインもユーザーの好みを分ける要素になります。
自分にとって必要な機能かを見極めていきましょう。

体のサイズに合っているか

どんなウェアでも同じことだが、特にインサレーションはジャストサイズこそ機能を発揮します。理由は、体にフィットしなければ、首、袖、裾といった開口部から大事な体温が外部へ流れ出し、ウェア内部の中綿もなかなか温まらないからだ。

フードのあるか、ないか

体温を奪われやすい頭部を覆うフードがあるかないかは意外と大きな問題。特に冬季は、身頃と同様、頭部もレイヤリングして保温したい。フードがあると重量が増え、かさばりはするが、就寝時などにありがたい機能だ。

中綿が封入している部分

全体に中綿が入っているモデル。フリースジャケットに部分的に中綿を入れたモデル。これは主に冬季山行の行動時に中間着としての着用を目的としている。もちろん夏山で防寒着としてもおおいに活躍する。

中綿を仕切るボックスの大きさ

ダウンジャケットはボックス状に分けた仕切りの中に羽毛を封入している。ボックスの仕切りが狭い=ダウンが偏らず保温力が均一。ボックスの仕切りが広い=ダウンは偏りやすいが、ダウンのロフトを最大限に引き出す。

収納できるポケッタブルモデルかどうか

ポケットの中に本体を収納できるポケッタブルタイプが便利。収納袋をなくす心配もないし、収納袋を持ち歩く手間も省ける。ポケッタブルタイプの目印は、ポケットのファスナータグが内側に付いていること。

登山におすすめの化繊インサレーションジャケット

モンベル / U.L.サーマラップジャケット

モンベル / U.L.サーマラップジャケットのイメージ

¥11,000(税抜)

サイズS〜XL
カラーローズウッド、他3色
中綿素材ストレッチエクセロフト
重量229g(M)

フィット感と伸縮性に優れた新定番

高い伸縮性に定評がある独自の中綿素材に加えて、サイドや脇の下などにストレッチパネルを配することで高い運動性を発揮できる機能的なデザインが魅力のジャケット。無駄のないシルエットを採用し、季節を問わずフリースジャケットの代わりとして大活躍するだろう

公式・販売サイトで詳細を見る

ザ・ノース・フェイス / サンダージャケット

ザ・ノース・フェイス / サンダージャケットのイメージ

¥25,000(税抜)

サイズS〜XXL
カラーグレーブリーフ、他2色
中綿素材光電子プリマロフトインサレーションダウンブレンド
重量285g(L)

赤外線効果で寒さを感じさせない

撥水性の高いポリエステル綿を40%配合した「プリマロフトインサレーションダウンブレンド」を採用しながら、体が発する赤外線効果を利用した光電子ファイバーをミックスしたハイブリッドダウン。軽量かつコンパクトな収納が可能なので、夏山縦走などに最適

公式・販売サイトで詳細を見る

ホグロフス / エッセンスミミックベスト

ホグロフス / エッセンスミミックベストのイメージ

¥18,000(税抜)

サイズS〜M
カラーブラック、全1色
中綿素材クオードフィージョンミミック
重量230g(M)

ダウンに劣らぬ暖かさの化繊インサレーション

天然素材ダウンを模倣(ミミック)して、軽量で温かく、それでいてコンパクトに収納できるリサイクルポリエステル中綿を採用したインサレーションベスト。サイドパネルには伸縮性に優れたフリース素材を配置することで動きやすいさを向上させている

公式・販売サイトで詳細を見る

ブラックダイヤモンド / アクセスフーディ

ブラックダイヤモンド / アクセスフーディのイメージ

¥22,000(税抜)

サイズS〜XL
カラーダークカリー、他2色
中綿素材プリマロフトゴールド
重量290g(M)

活動的なインサレーションを求めるならこれ

ダウンにも劣らない収納性を誇る中綿素材「プリマロフトゴールドインサレーション」を採用しながら、軽さと保温性、通気性、体の動きやすさを高い次元で融合させた飲酒レーションジャケット。サイドパネルには伸縮性に優れたショーラー素材が配置され運動性を高めている

公式・販売サイトで詳細を見る

アークテリクス / アトムLT フーディー

アークテリクス / アトムLT フーディーのイメージ

¥32,000(税抜)

サイズXS〜XXL
カラーライケン、他7色
中綿素材コアロフトインサレーション
重量360g(M)

完璧なフィット感を備えたインサレーションの決定版

実際に羽織ってみると、驚くほどの動きやすさに歓喜してしまう軽量飲酒レーションの名作。中綿は通気性に優れた独自素材を採用し、サイドパネルは撥水性や耐風性のあるハードフェイス仕様の「ポーラテックパワーストレッチ」が配置されている

公式・販売サイトで詳細を見る

ファイントラック / ポリゴン2ULジャケット

ファイントラック / ポリゴン2ULジャケットのイメージ

¥19,800(税抜)

サイズS〜XL
カラーメタル、他2色
中綿素材ファインポリゴン
重量195g(M)

シート状の保温性素材という新発想

化繊中綿やダウンポールではなく、立体的なシート状の保温素材「ファインポリゴン」を2シート封入した春夏シーズン向けインサレーション。これまでの常識をまったく覆すこの素材は、軽くて暖かいのはもちろん。水濡れに極めて強いという特徴をもっている

公式・販売サイトで詳細を見る

パタゴニア / マイクロ・パフ・ジャケット

パタゴニア / マイクロ・パフ・ジャケットのイメージ

¥32,000(税抜)

サイズXS〜XXL
カラーペインテッドブラッシュレッド、他3色
中綿素材プルマフィル・インサレーション
重量235g(M)

より軽く、より温かくを追求した新作登場

ダウンの構造を模倣した独自の化繊中綿を使ったシリーズに、より軽量でシンプルなフードレスモデルが登場。シェルには「パーテックスワンタム」を採用し、軽量だがダウン同様に温かくコンパクトに収納でき、濡れても保温性を維持することができ、文句なしのできばえ

公式・販売サイトで詳細を見る

登山におすすめのダウンインサレーションジャケット

ウエスタンマウンテニアリング / フラッシュジャケット

ウエスタンマウンテニアリング / フラッシュジャケットのイメージ

¥41,500(税抜)

サイズS〜XL
カラーバブラン、他3色
中綿素材850+FPグースダウン
重量290g(M)

軽量で、驚くほど暖かダウンフーディの決定版

困難なクライミングを成功に導くために生まれたライトウエイトジャケット。軽量なシェル素材に高品質な850+FPダウンを詰め、比較的温暖な季節のアウターとして、また冬期の中間着としても活躍する。着た瞬間に、軽さと豊かな暖かさに包み込まれる

公式・販売サイトで詳細を見る

アークテリクス / セリウムSLジャケット

アークテリクス / セリウムSLジャケットのイメージ

¥42,000(税抜)

サイズS〜XXL
カラーゼバン、他1色
中綿素材850FPグースダウン
重量195g(M)

負荷がかかる箇所には化繊綿を採用

中綿素材として850FPダウンを採用しながら、肩まわりや腕先、脇の下、襟まわりなど汚れやすい部位に保温性化繊綿「コアロフト」を配置。同社製ダウンジャケットとしてはもっとも軽量なフードレスモデル。夏期のアウターダウンとして大いに活躍するだろう

公式・販売サイトで詳細を見る

モンベル / プラズマ1000アルパインダウンパーカ

モンベル / プラズマ1000アルパインダウンパーカのイメージ

¥38,000(税抜)

サイズXS〜XL
カラーレッドブリック、他2色
中綿素材1000FP EXダウン
重量236g(M)

驚くほど軽く、確かなあたたかさ

驚異的ともいえるほど高い品質の1000FPダウンを採用したライトウエイトモデルの最高峰。7Dというこれまた驚きの極薄素材を使い、独自のバッフル構造を取り入れることで熱の放出を抑えることに成功している。このカテゴリーとしてはとても軽量で温かな保温性が魅力的

公式・販売サイトで詳細を見る

マウンテンハードウェア / ゴーストウィスパラーダウンジャケット

マウンテンハードウェア / ゴーストウィスパラーダウンジャケットのイメージ

¥37,000(税抜)

サイズS〜L
カラーステイト・オレンジ、他1色
中綿素材800FPニクワックスハイドロフォビックダウン
重量197g(M)

撥水加工を施したダウンでアクティブに行動

ニクワックスが開発した、環境への負荷を最小限に留めながら撥水加工を施した800FPダウンを採用。水に濡れると保温力を失うダウンだが、これにより多湿な環境でも豊かな暖かさが実現されている。スリムすぎず、太すぎないスタイルは、多くの人が違和感なく着ることができる

公式・販売サイトで詳細を見る

プロフィール画像

てくてくの人
登山・ハイキングが大好きです。約8年間、月1〜2回のペースで、夏も冬も山に遊びに行っています。そんな自然の中で経験した登山を楽しんだり、ちょっと知ってよかったと思える情報をゆるりとお届けしています。