登山用リュックの選び方・背負い方!容量別のおすすめリュックも紹介

登山用リュックの選び方・背負い方!容量別のおすすめリュックも紹介

登山用リュックは、最初に手に入れたい基本の道具。
自分の体にあったものを選べば、重い荷物でも楽に感じられる。荷物を長時間も背負いながら歩く登山にとって、とても重要な道具です。

ただ、登山用リュックはたくさんのメーカーから販売され、種類も豊富です。はじめて登山用リュックを購入を検討している初心者にとって、どれを選べば良いか迷ってしまいます。

そこで、今回、登山用リュックの選び方・背負い方の基本的なノウハウをまとめました。リュックの容量・種類・試着時の見るべきポイント、正しい背負い方の手順、そして、最後に容量別のおすすめリュックも紹介します。

登山用リュックは、山行計画によって選び方も異なる道具です。
購入する際は、目的を明確にして自分に合ったリュックを見つけていきましょう。

登山用リュックの選び方!体格に合わせて選ぶ事が大切

登山用のリュックは、山歩きの目的が決まっていると選びやすいです。まずはどんな登山がしたいのか、具体的にイメージしてみましょう。

初めての日帰り山行なら、普段のデイパックでも足りるかもしれない。購入は、実際に歩いてみてからでも遅くありません。
ただ、登山用のリュックは、多くの荷物を収納したまま長時間背負っても体の負担を減らすように設計されているため、山歩きが好きになったら、本格的に登山用のリュックを購入しましょう。

最初のひとつは、日帰りでも小屋泊まりでも使える、容量が30Lぐらいの一般登山用のリュックがおすすめです。

用途で選ぶ!登山用リュックの容量(サイズ)とは

日帰り、山小屋泊、テント泊なのか。用途が決まると必要なリュックの大きさが明らかになり、選択肢も絞られてきます。例えば、日帰りなら20〜30L程度の容量が目安です。

日帰り向き(容量:約20〜30L)

20〜30Lのバックパック

雨具、飲み物、行動食、弁当、地図、ヘッドランプ、防寒具など日帰り山行に必要な道具が入るリュックのサイズ。街用のデイパックより、登山用は、ポケット、ウエストベルト、背面などの機能が使いやすくデザインされている。

山小屋泊向き(容量:約30〜40L)

30〜40Lのバックパック

着替えや防寒着、日程に応じた行動食など、日帰り山行よりも荷物が増える場合は、このサイズのリュックがおすすめ。標高の高い山の山行は、朝晩は冷えるため、防寒着は必須。また素泊まりで自炊をするなら、食材やストーブ、クッカーなどの調理器具も必要になり、荷物が増える。

テント泊向き(容量:約50L〜)

50L〜のバックパック

最初のテント泊は、パッキングに不慣れでも長期の山行でも対応できる60Lのモデルがおすすめだ。最近は、軽量・コンパクト化が進んで40Lのモデルでもテント泊は可能だが、容量に余裕があった方が安心。

機能で選ぶ!登山用リュックの種類とは

登山用のリュックは大き分けると3種類に分けられます。
一般登山やトレッキングを想定して作られるモデルは、ポケットなどの装備が充実していて使いやすいのが特徴です。アルパインクライミング用やスノーパックも登山で使うことはできるが、アクティビティに特化している分、細かい部分の使い勝手は劣ります。

一般登山・トレッキング

登山・トレッキング用
  • 荷物の出し入れがしやすい
  • ポケットなどの装備が充実
  • 種類が豊富

背負いやすく、最もベーシックなタイプ。背負ったときに背面パネルに背中がつかないように空気の通り道を設け、熱がこまらないようにデザインされたモデルも増えている。

アルパインクライミング

アルパインクライミング用
  • シンプルなデザイン
  • パッドが薄め
  • ピッケルホルダーやギアループを装備

岩場でじゃまにならないシンプルな形。ハーネスと共用できるようにウエストベルトは取り外せる。

スノー用リュック

スノー用バックパック用
  • スキーやスノーボードの取り付け可能
  • 背面アクセス
  • スノーセーフティ用のポケットを装備

スキーやスノーボードを取り出せるよう、背面アクセスを採用する

登山用リュックを試着する時に見ておくべきポイント

バックパックの背面のイメージ

用途に合わせて候補を絞ったら、実際に、背負い心地の良さと体へのフィット感のチェックしましょう。

登山用のリュックは、荷物を肩から腰へと分散し、体の負担を減らすための機能が多数搭載されている。この機能は荷物が重くなる大型モデルほど重要になるが、リュックのサイズがあってなければ、せっかくの機能も十分に発揮されないので要注意です。

実際に店舗で試着して、納得いくまで比べて選びたい。

背面と背中が合っているか

複数のサイズをそろえているタイプ、ショルダーハーネスの位置を変えて調節できるタイプがあります。各メーカーが最もこだわっている部分のひとつで、メーカーによって特長も大きく異なる。自分の背中と背面システムの長さが合っているか要チェック。

ショルダーの調整量に余裕があるか

リュックを支えるメイン部分。ショルダーの幅や厚さ、素材が自分に快適かを重視しつつ、背負った状態での腕の動かしやすさも確認したい。

ウエストベルトの位置は的確か

登山用のリュックは、腰で支えるのが基本なので、背負った際に左右の揺れを防ぐチェストストラップや荷重の負担を分散するウエストベルトが付いたものを選ぶとよい。

登山用リュックの背負い方!正しい手順を知る

バックパックを背負っているイメージ

登山用のリュックは、重い荷物による体への負担を軽減するために、腰を中心に体全体に荷重を分散できるよう設計されているため、腰の位置から調整していくのが鉄則。ストラップは下から調整していく。

  1. ウエストベルトを締める
    最初は腰骨の位置でウエストベルトを締める。
  2. ショルダーハーネスを調整する
    次に、ショルダーハーネスのストラップを引いて調整する。荷物を背中に引き寄せ、荷重を肩に乗せるようにイメージする。
  3. チェストストラップを締める
    ウエストとショルダーが決まったら、チェストストラップを締める。脇の下と同じくらいの高さに合わせると苦しくない。
  4. 最後にトップストラップを引く
    最後にバックパックの上部を引き寄せるトップストラップを引く。引きすぎるとショルダーハーネスが浮いてしまうので注意。

容量(サイズ)別のおすすめ登山用リュック

日帰り向き(容量:約20〜30L)の登山用リュック

カリマー / ユーティリティ25のイメージ

カリマー ユーティリティ25¥9,800(税抜)

カラーブラック、ベージュ、シーブルー、テラ
容量25L
重量650g

長方形の簡素できれなルックス

縦に付けられたファスナー以外には目を引くディテールがないフロントに対し、背面にはステッチで細かく分けられたパッドがついている。その中央には隙間を空けて空気を通し、蒸し暑い夏にも対応。上部は大きく開き、荷室へのアクセスはとても簡単だ。

公式・販売サイトで詳細を見る

他の記事に、日帰り向き(容量:約20〜30L)のおすすめ登山用リュックをまとめてあります。他の商品も確認したい場合、こちらの記事と合わせて参考にしてみてください。

山小屋泊向き(容量:約30〜49L)の登山用リュック

ザ・ノース・フェイス / テルス45のイメージ

ザ・ノース・フェイス テルス45¥23,000(税抜)

カラーブラック、ハイリスクレッド、ゴールデンロッド、ターキッシュブルー
容量47L(M)、48L(L)
重量1,490g(M)、1,560g(L)

定番故に完成された形を継承

人気モデルが細かいディティールを磨き上げて進化した。より軽量な素材を使用し、快適な背負い心地を追求した背面構造と、細部の使いやすさなどを見直し、デザインもよりソリッドな雰囲気に。一見代わり映えしないように見えるが、それだけ完成された形といえる。

公式・販売サイトで詳細を見る

他の記事に、山小屋泊向き(容量:約30〜49L)のおすすめ登山用リュックをまとめてあります。他の商品も確認したい場合、こちらの記事と合わせて参考にしてみてください。

テント泊向き(容量:約50L〜)の登山用リュック

オスプレー / ジーニス75のイメージ

オスプレー ジーニス75¥35,000(税抜)

カラーテクタイトグレー、テクタイトグレー
容量75L
重量2,470g

1週間以上の長距離縦走に

フロントやサイドの大容量ポケットが使いやすく、最上部のリッド(雨蓋)は簡易的なデイパックに変身するというお得感が高いモデル。各部のハーネスは重み幅も充分で、1週間以上の重い食材を加えたテント泊装備にも対応するほど、背面の通気性もよい。

公式・販売サイトで詳細を見る

他の記事に、テント泊向き(容量:約50L〜)のおすすめ登山用リュックをまとめてあります。他の商品も確認したい場合、こちらの記事と合わせて参考にしてみてください。

おまけ:雨対策用の登山道具!登山用リュックと同時に購入しておく必須アイテム

おまけで、登山用リュックといっしょに購入しておくと必須アイテムを紹介しておきます。

基本的に、登山用のリュックは防水ではないので、雨対策の道具をいっしょに購入しておく必要があります。 雨が降り始めたら、リュックが濡れてしまい、ウエアなどの中身が濡れてしまったり、リュック自体が重たくなってしまいます。少しでも快適な登山にするため、雨対策は必須になります。

最も基本的な雨対策は、外側をリュックカバーで覆うことで、付属してあるリュックも多いです。もうひとつは、防水のパックライナーで中の荷物を丸ごと覆う方法があります。

リュックカバー

ザックカバー

最も基本的な方法。外側を覆うため、濡れによってリュック自体が重くなるのも抑える。

パックライナー(防水袋)

パックライナー

内部に防水の大きな袋を入れて、その中に荷物をしまう。雨が降ってから慌てる必要がなくなる。

プロフィール画像

てくてくの人
登山・ハイキングが大好きです。約8年間、月1〜2回のペースで、夏も冬も山に遊びに行っています。そんな自然の中で経験した登山を楽しんだり、ちょっと知ってよかったと思える情報をゆるりとお届けしています。