おすすめ登山用腕時計を機能別に紹介!GPS・ソーラー充電にも注目

買いたい山道具が分かる!おすすめの登山用時計

行動や方位、気圧や気温など、さまざまな計測機能が付き登山をサポートするアウトドア用の腕時計。

近年、すさまじいばかりの急激な進化を遂げており、ますます高精度となってきています。アナログ時計やデジタル時計に加えスマートウォッチも登場し、スマートフォンと連動したり登山の記録を残せるモデルも増えている。

ただ、高機能や高性能なものが多く、どれを基準に選べばいいか分からないという方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな方の疑問を解決するため、登山・トレッキング用の腕時計の必要性をはじめ、機能・特徴や選び方を解説しつつ、機能別のおすすめ商品もいっしょにご紹介していきます。

それでは、登山をより楽しむため、登山用の便利な腕時計を見つけていきましょう。

登山用の腕時計は必要性とは

本格的な登山やトレッキングにおいて、時間を把握することはとても重要です。各ポイントごとのコースタイムの確認や、到着時刻の予測は遭難防止に役立ちます。

加えて、多くの登山用時計は、高度計、方位表示(コンパス)、気圧計といった機能が搭載されており、自分の居場所や方角を正確に把握することができます。最近は、GPS機能付き、気圧表示を利用した天気予測機能のモデルも増えてきています。

また、耐衝撃性や防水性能もしっかりしているので、悪天候にも柔軟に対応することが可能です。登山時計の機能は、予測できない事態を回避し、安全で計画的な登山をサポートしてくれます。

登山用の腕時計の選び方

使用頻度の高い基本3機能を確認

標高表示(高度)

高度計と地図を組み合わせて現在地の確認ができる。標高のわかる地点で誤差の補正が必要。

方位表示(コンパス)

電子コンパスにより、方位の確認ができます。精度が高く、表示も非常に早い。

気圧表示

気圧の変化がチェックできることで、ある程度、天候の変化を予測できます。

あると便利な機能・性能の有無

GPS機能。ルートの確認ができる

現在のルート確認できるので、コースポイントの通過時間や到着時刻を予測することで遭難回避にもつながります。また、登山記録をデータとして保存することで、後から見返すことができるので便利。

温度計。気温を確認して体調管理

気温の変化をいつでも簡単に測定できる。自分の体温に影響あるので、あくまで目安。

ソーラー充機能

登山用時計の電源の種類は、電池、ソーラー、自動巻きの3つに大きく分けられます。おすすめは、半永久的に使えて、時間が狂わないソーラー式。

耐衝撃や耐水性能。ハードな条件下でも対応可!

雨の中などハードな条件下でも使用できることは、登山用時計としては外せない機能。防水性や耐衝撃性が十分あるか、どのくらいの温度まで使用可能なのか、確認しておく必要がある。

操作性と文字盤の種類。シンプルで見やすいものを

最近、アナログ表示のものも増えてきている。針表示の方が、あとどのくらいというのが瞬時に判断できる。自分が見やすいデザインは、アナログなのか、デジタルなのか、確認しておきましょう。

登山用腕時計のおすすめモデル|GPS機能付き

スント / スパルタン ウルトラ オールブラック チタニウム(HR)

スント / スパルタン ウルトラ オールブラック チタニウム(HR)のイメージ

¥84,000(税抜)

重量73g

心拍計機能付きGPSウォッチ

カラータッチスクリーンと心拍計測機能を搭載したアドベンチャーやマルチスポーツを楽しむ人のためのGPSウォッチ。急激な気圧変化を知らせるストームアラームのほあk、傾斜補正機能を搭載したデジタルコンパスなど、山岳用機能も多数装備

公式・販売サイトで詳細を見る

ガーミン / エピックスJ

ガーミン / エピックスJのイメージ

¥89,000(税抜)

重量85g

腕時計の形をしたハンディGPS

GPS機能をもつ腕時計というより、腕時計型のハンディGPSという言い方のほうが正しいギア。日本登山地形図TOP0 10M V3 と昭文社のMAPPLEデジタルデータの2種のデジタル地図がブレインストール。タッチパネルにも対応したディスプレイで5気圧防水

公式・販売サイトで詳細を見る

カシオ / プロトレックスマート WSD-F20

カシオ / プロトレックスマート WSD-F20のイメージ

¥51,000(税抜)

重量92g

GPS、GLONASS、みちびき対応のGPS搭載。

OSはAndroid Wear 2.0。ミルスペック準拠の耐低温仕様で1.32インチ2層構造ディスプレイ。カラーTFT液晶(320×300ピクセル)+モノクロ液晶。オフラインでも使えるフルカラー地図機能がアウトドアで便利

公式・販売サイトで詳細を見る

スント / トラバース アルファ ウッドランド

スント / トラバース アルファ ウッドランドのイメージ

¥56,000(税抜)

重量75g

軍用として開発し耐久性は抜群

アメリカ国防総省の環境耐性規格をクリアしたGPSウォッチ。振動や衝撃、落下、氷結/解凍、雨滴、湿度、浸漬、風砂および粉塵を含む19のテストに合格。射撃自動検知機能などハンティングに適した機能、釣りに適した月齢・月相カレンダーも装備している

公式・販売サイトで詳細を見る

登山用腕時計のおすすめモデル|温度計機能付き

カシオ / プロトレックPRG-330-7-JF

カシオ / プロトレックPRG-330-7-JFのイメージ

¥26,000(税抜)

重量58g

ミニマルなプロトレック

タフソーラー、ワールドタイム、トリプルセンサー Ver.3による精度の高い方位、気圧、高度、温度計測。日の出日の入り時刻表示。10気圧防水。-10℃対応の耐低温仕様。パワーセービング機能。アウトドアウォッチとして十分な機能を持ち、シンプルなスタイルが好印象

公式・販売サイトで詳細を見る

ラドウェザー / ウェザーマスター

ラドウェザー / ウェザーマスターのイメージ

¥16,800(税抜)

重量58g

高機能かつ低価格

高度、気圧、コンパスの基本3機能をきちんとおさえて、かつ低価格。ハイスペックで性格なスイス製センサー搭載。気圧計による天気予測は、今後の天気が4つのアイコン(晴れ・曇り・晴れ時々曇り・雨)で表示され、わかりやすい。コンパスは偏差の修正機能も装備しています。

公式・販売サイトで詳細を見る

登山用腕時計のおすすめモデル|ソーラー充電機能付き

モンベル / プロマスター×モンベル メタルバンドモデル

モンベル / プロマスター×モンベル メタルバンドモデルのイメージ

¥40,000(税抜)

重量109g

モンベルとシチズン「プロマスター」とのコラボモデル第2弾!

過酷な環境にも耐えることができる信頼性と機能性をもつプロフェッショナルユース。ケース、バンドともに素材はスーパーチタニウムで表面硬化デュラテクトを施してある。20気圧防水

公式・販売サイトで詳細を見る

セイコー / プロスペックス ランドトレーサー SBEM003

セイコー / プロスペックス ランドトレーサー SBEM003のイメージ

¥50,000(税抜)

重量79g

Bluetooth機能つきソーラーウォッチ

アウトドアウォッチとしての高度・気圧・湿度・方位計測機能のほか、スマートフォン専用アプリケーションを介して、アウトドアアクティビティの奇跡を3Dで記憶および表示が可能。ログポイント間の距離や標高差、移動にかかった所要時間の表示も可能だ

公式・販売サイトで詳細を見る

プロフィール画像

てくてくの人
登山・ハイキングが大好きです。約8年間、月1〜2回のペースで、夏も冬も山に遊びに行っています。そんな自然の中で経験した登山を楽しんだり、ちょっと知ってよかったと思える情報をゆるりとお届けしています。